iPhone向け

タブレットとスマホ

iPhone向けアプリの開発メリット

スマホのOSはiosとandroidがあり、日本でのシェア率は少しiosが有利と言った所です。 iosはapple社のみが開発販売している機種なため、画面サイズや仕様は全世界共通です。 しかし、androidは機種によって画面サイズや仕様、他に細々とした違いが多数存在します。 アプリ開発する上で、androidと言うのはまさにガラパゴス。 1つの機種でバグの発生がなくとも、違う機種でバグが発生。そのバグを直している間に、1つ目の機種でバグが発生など、いたちごっこの様にバグ取りが発生します。 また、全ての機種を手元に用意しないとバグチェックが正常に行えないと言う非現実的な問題もあります。 その点、iosはiPhone6、iPhone6Pulsのように揃える機種が少ないためアプリ開発の環境を整えるのに最適です。 またアプリ開発したものを申請に出す際に、appleは基準がとても厳しい審査を行います。 それゆえアプリを通してウィルス感染の心配はほとんど無く、ユーザーが安心してダウンロードできる環境にあります。 アプリ開発をする上でios向けにするメリットは他にも沢山ありますが、これらが一番のメリットになります。

iosアプリ開発の今後のトレンド

iosのバージョンが8に上がった事で、新たに追加されたウィジェット機能があります。 これは上画面から引っ張ってくる通知画面の所に、登録したカレンダー等を表示する事ができる機能になります。 現在このウィジェット機能を使用しているアプリはそれほど多くはありません。 ほとんどがシステムやツール系アプリと呼ばれるものになります。 同じ様な機能がandroidにも存在していますが、少し仕様が違います。 ですので、このウィジェット機能がandroidの良い所を組み込みながら更にユーザーにとって便利な機能に成熟させるにはアプリ開発者のアイディアが必要にないます。 今後新しいiPhoneが出るにつれ、この機能の便利さはよりユーザーに浸透しそれにあったアプリが選ばれる事になりでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加